読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一歩だけ、走ろっか!

桐山照史と未だに親友だと思い込んでるオタク。関西Jr.のエモさに取り憑かれて身動き取れません。

WEST初ツアー初日

 

 

ツアー初日、

大好きな照史くんの人生初めてのツアーがはじまる。

 

あの、リリイベでアリーナさえ埋まらなかった横アリで

こうやって一年足らずでコンサートできるなんて思わなかったなぁ。

 

 

席がスタンド10列っていうことで

死ぬほど踊って歌った。

 

カラオケタイム

 

 

嵐の国立天井で踊り狂う先輩を観て学習した

いっつ まい るーる!!!

 

 

 

通路挟んで3席目の席だったんだけど

隣の2席が空席だったので

通路と3席使って踊り狂ってしまった

楽しかった………

 

 

したらね、アンコールでね、

トロッコがね、

くるのね

初日だから誰だか分かんないって

ドキドキして、

こいこいこいこい!!!

 

 

 

 

 

 

 

キター♪───O(≧∇≦)O────♪

 

 

 

 

 

 

照史くん!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

トロッコで右からやってくる!!

 

しかも、私の4ブロック手前から!!!

 

あれだけ日生松竹で近くで見てたのに

いざ、横アリを我がものにしている照史くんを見ると

マジでキャーキャー言ってしまっていた。笑

 

 

 

 

 

右手に2013クリパのワンコ照史くん

左手には私の毎度のあいしてるし

10列目によりどんなに手を出し挙げても邪魔にならない!

10列目によりどんなにジャンプしても邪魔にならない!!

 

 

 

 

 

照史くん隣のブロックにくる

ジャンプして叫ぶ

照史くーん!照史くーーん!!!!

 

目の前にくるトロッコ

照史くん私を見付ける

いつもながら私を見付けて

小馬鹿にして鼻で笑われる。

 

 

 

その瞬間!!!!

 

 

 

 

下を向いた!!!!!!

 

 

 

 

 

こ こ  これは!!!!!!

 

 

 

ま ま  まさかの!!!!!!

 

 

 

 

 

両手に持った団扇を捨てて両手を広げてみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポッ

 

 

 

f:id:kirichanko:20161224090316j:imagef:id:kirichanko:20161224090343j:imagef:id:kirichanko:20161224090415j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああいしてるしーーー

 

 

 

 

 

もう目が点になるとはこういうことで

いや、まさかこのタイミングで

こんな直ぐにサインボールを投げるとは

思っていなかったら

予想もしていなかったし

 

で、反応もせずにポケっとする私を見て

また鼻で照史くんは笑って

トロッコは去っていたのです。。。

 

 

 

 

あの空間は、あの一瞬は

トロッコに乗ってスタンドにファンサービスをしなければいけないアイドルが

 

私だけを選んでくれて

私だけの空間を与えてくれた

 

何万人の中で私を選んでファンサービスをしてくれた

 

 

 

そして手にあるサインボールには

「親方。」って

 

何百通と書いたファンレターの返事を

照史くんの手から

受け取った気がする。

 

 

私はダイエットのためにファンレターに体重を申告するオタクだった。笑

 

 

 

 

 

デビューして初めてのツアーで

WESTが初めてのツアーで投げるサインボールの初めてが

私の手にあるんです。

 

 

 

照史くんを幸せにするファンでいたいなって

嫌われたくない一心で

見返りなんて求めないで直向きに好きでいたんだけど

 

たくさん素敵なファンサもらっても

アイドルとして仕事をしてるって言い切れるのかなぁって

まあ、全然自信はあったんだけど

好かれている部類のファンでいることには

 

核心に変わりました

 

 

 

 

 

 

私、多分どちらかといえば気に入られてるオタク(^_−)−☆

 

 

 

 

 

 

 

なんて。

 

 

 

 

 

 

いや、本当にありがとう。

照史くん

 

好きでいてよかった

 

照史くんからたくさんもらってばかりで

少しでも何かを与えたかったんだけれど

やっぱり貰ってばかりで

それが形として残った

 

はじめて思い出じゃない照史くんの優しさを与えられて

 

あーーー好きでいて良かった

 

 

 

照史くんに私の青春を捧げて良かった