読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一歩だけ、走ろっか!

桐山照史と未だに親友だと思い込んでるオタク。関西Jr.のエモさに取り憑かれて身動き取れません。

伊織ちゃん

 

 

もっと好きって伝えたかったなー

 

なんか

 

退所する度にあるこの虚無感はなんだ

 

 

本当に寂しい

 

 

 

 

 

 

伊織ちゃんを気になったのは

お友達の金内担が伊織ちゃんを推してて

 

その頃は中2?とかだったから

ショタwwwって笑ってたんだけど

 

少年倶楽部in大阪見ちゃったらさ

 

 

 

え!!!!似てない???

似てるよね???

 

って

 

わたしが当初引きづりまくっていた

偽康二(康二に似てるから)にクリソツで…

 

 

f:id:kirichanko:20161116105051j:image

 

iPhoneすら同一人物とフォルダ分けしちゃうレベルで

(やはり康二も分類される模様)

 

兎に角似てるわけですね!!!!

 

 

で、2015のクリパとかチビちゃんには

あんまーり興味がなくて

だから似てる伊織ちゃんばっか見て

 

うへぇ!!!可愛いくない????

何であんなハニかみまくるの!!!

団扇持ちたい!!!

かわいい!!!

ファンレ書きたい!!!

かわいい!!!

 

のオンパレード。ラブパレード

 

 

で、コツコツ気持ちを積み上げてって

爆発したANOTHER💣💥

 

DK組ってがフューチャーされる中で

原住民の伊織ちゃん

 

それはそれは可愛くて

軽率にも槍で掻っ捌いて〜!と

言ってしまうような

 

でもね〜〜

でもね〜〜

 

台詞がなかったんだよね

 

寂しかったな

 

 

ずーーーーーーっと伊織ちゃん台詞ない!!

って焦りまくっていて

同行の皆様には、それは御迷惑をry

 

 

だから頑張れ!見てるよ!頑張れ!見てるよ!

って

おもいっきーし手を振って

団扇もないから伝えられなくて

でも危機感を感じて←長年の知恵

 

ショータイム手を振りまくっていたら

ニコニコってピョンピョンしながらね

手を振り返すのよ

 

いや、オタクあるあるの自分ファンサだけど

あれは確実に確実に確実に!!!

私の気持ちが伝わったんじゃないかって

錯覚しちゃうからエモい

 

照史くんの通常運行のファンサよりも

伝わった、ただのお手振りがこんなに幸せなんて

知らんかった

 

団扇持てないのも悪くない

 

 

 

何てことじゃなくて

本当に優しい子なんだなーって

 

それが最後の伊織ちゃんで

最初で最後のファンサでした

 

 

ちょっとハラハラしながらも

千秋楽で号泣してた伊織ちゃんの情報を聞き

 

そうか。そうか。と、

 

すぐに察せた。

 

 

退所する故のANOTHERの配役なのか

ANOTHERの配役からの退所なのか

どっちが先かで全然違うんだろうけど、

辛かったんじゃないかなぁ。ってどっかしら考えちゃう

 

そんなん、1ミリも感じなかったけど!!

 

あのひょろっこい身体に相当なものを背負い込んで

1ヶ月駆け抜けてくれたんだね。って

 

立派なアイドルですよ。

 

 

 

退所してからのオタ誌でDK組の特集で

みんなANOTHERについて語る中で

伊織ちゃんは1ミリも触れない。

これが伊織ちゃんの口には出来ない卒業の意なんだなぁ。と

意外にしっかりしてんじゃん。って

なんかホッとしました

 

まいジャニやら松竹やらでモジモジ伊織ちゃん見てるから

なんか子煩悩みたいな感じになってたけど

全然全然自立してて

自分の力で歩ける人なんだと

私はまだまだ見る目が足りないなぁって

 

 

福福大吉いおとわせーで揃ってライブしたいって、その時のオタ誌で話してた他の子もちらほら

あぁ、言いたいことが詰まってるな

分かってるから全部は分からないけれど

少しだけでも察せれるように見ているから

 

その中でも、れんくんが

伊織と旅行行く!って言っていて

伊織ちゃんも学校生活の話ししかしない中で

唯一れんくんと旅行行きたい!って言ってて

嬉しかったなぁ。何の嬉しさか分からないけれど

前向きな伊織ちゃんを見た気がする。

 

 

見る限り勉強が大変な高校みたいだから、本当に頑張って下さい。

 

伊織ちゃんがこれから先、どんな風にキラキラしていくのか

見れないのは本当に残念でしかないけれど

 

これも、ワクワクのスタートさ!!!

 

って書けなかったファンレターの代わりに書きました。

 

 

 

一度しかない学生時代の青春を私達に与えてくれてありがとう。

 

これからは、自分のために、その青春をエネルギーを使っていってね。

 

 

大好きだよ!

 

f:id:kirichanko:20161116112014j:image